やまもと施術院

ごあいさつ

カイロプラクティックとは

ギリシャ語で「手」を意味する、主に手技による治療法をいいます。

“手当て”など、私たちの日常に根づいた言葉の通り、手には不思議なチカラがあります。

パッとお顔が明るくなったり、元気に部活動ができるようになったり、痛みがひいて歩けるようになったり。

心が軽くなりました!先生ありがとう!など、たくさんのお声を頂いています。​

大切なのは「痛みを治す」ことではなく

朝スッキリ目覚める

ご飯が美味しい

お通じが良い

体が軽い

…といった「いつも元気な身体でいる」ということなのです。

その為に必要なのが『予防』です。

これまで約8000人の方にお越し頂き、皆さんの体の声と健康への方法をお伝えしてきました。

そんな中でよく耳にするのが、

時間がないから…

子供がいるから…

介護があるから…

という言葉です。

痛みがあっても、心がどんなに重くても、無理を押して日々を過ごされている方が本当に多いのですね。

そして「仕方がないから…」とみなさん一様におっしゃいます。

この言葉を聞くたびに “一番大切なのは貴方自身なのに…” と、とても悲しい気持ちになるのです。

ご自身の身体や心が苦しくなってしまっては、肉体的にもさらには経済的にも負担は大きくなってしまうでしょう。

全てはまず「自分」からです。

毎日の健康を支えているのは、食事や運動や休息。

ぜひ一緒に、あなた本来の健康と輝きを無理なくそして楽しく取り戻しましょう。

​院長プロフィール

カイロプラクティックやまもと施術院

​院長 山本 誠

1974年生

学生時代は陸上、野球に情熱を注ぐ

卒業後、大手鉄鋼会社の関連企業に就職

11年間勤めるも、連日の超過労働で心身共不調になり退職

その後様々な職を経験

某健康食品の社長の考えに共感し、その代理店に就職

店長を任され身体と精神性の大切さを感じる

来店されるお客様の悩みを聞くうち、改めて心と体の関係性を痛感していた所、物理学と心理学を融合した物理性心理学に出会い、セラピーやカウンセリングを学ぶ

その後、代理店を退職・独立し、カイロプラクターの道へ

現在は

カイロプラクティックの施術の他に

長年の経験により考案した

オリジナルセラピー

音叉を使ったオンサセラピー

脳へダイレクトにアプローチする

リフトアップアップセラピーなど

セラピストとしても活動

カラダやココロの不思議なつながりを様々な角度から面白くお伝えする

「お話し会」も定期的に行っている

オンサセラピスト

リフトアップセラピスト

国際空手道連盟極真会館弐段

岡山西支部玉島道場責任者

日本カイロプラクティック連合会正会員

カイロプラクティックやまもと施術院院長

2011年度

上級カイロプラクティックセミナーにて

全国1位表彰